グアテマラ|プラン・デル・グアヤボ|ベンジャミン・ドナド|焙煎豆

ヌエボ・オリエンテ地区ボルカン・デ・サチタンにあるプラン・デル・グアヤボ農園。

プラン・デル・グアヤボとはスペイン語で“グアバ平原”を意味します。グァテマラの首都グァテマラ・シティより車で5時間。

どちらかと言うと乾燥したイメージの地域です。ヌエボ・オリエンテ地区はグァテマラの主要産地の中では最も新しい産地でここグアヤボ農園もベンジャミン・ドナド氏が1990年に創業。28ヘクタールの農地から始め、現在は72ヘクタールあります。

カツアイをメインにカチモール、パカマラを栽培しています。この農園の特筆すべきは急な傾斜。一番低い所でも1,400m。そこから一気に急な傾斜を上り 1番高い所は1,600m以上になります。誰もが無理だと思った土地にドナド氏はブルボン種のコーヒーを植えここまで立派に育て上げました。

その並々ならぬ努力と情熱、御歳64歳にしてあの傾斜を涼しい顔して登るドナド氏の体力には脱帽です。ただなぜ農園名がプラン・デル・グアヤボ、“グアバ平原”なのか、どう考え ても平原ではありません。差し詰め渓谷と言った方がいいかもしれません。

【データ】
品名:プラン・デル・グアヤボ農園 ブルボン
生産国:グァテマラ
地域:ヌエボオリエンテ、ボルカンデサチタン
生産者:プラン・デル・グアヤボ農園
規格:SHB,EP
欠点規格:0-6/300g
スクリーン:スクリーン16アップ
木の品種:ブルボン 、ティピカ
その他:100%天日乾燥、標高1675m、年間降水量1500弌日陰栽培
精製方法:フルウォッシュド
開花時期:4〜5月
収穫時期:1〜3月

 100g200g300g
豆のまま
豆を挽いて
グラム
豆のまま/挽く

グラム
豆のまま/挽く
 100g200g300g
豆のまま
豆を挽いて

豆・エリアから探す

infomation

ごあいさつ

店長:木村 徹

こんにちは! 三軒茶屋珈琲 red-clover店長の木村です。

私のコーヒーとの出逢いは20歳の頃。アメリカ西海岸を、北はバンクーバーから、南米のチリまで制覇したときです。そのとき初めてコーヒー豆は赤いんだと知りました。

それから約17年、ニカラグアのゴメスに出逢い、男同士の夢に向かって共に歩む……私たちの夢は「ニカラグアに学校を建てる」こと。そしてついに! ニカラグアに自分の農園を買いました!! 夢はまだまだこれからです!

皆さま、愛情いっぱいのコーヒーをどうぞよろしくお願いいたします。

実店舗
東京都世田谷区太子堂1-15-11
東急田園都市線 三軒茶屋駅南口から徒歩3分

お問い合わせ
03-5787-6164/080-3212-8025