マラウィ|ウシンギニ農園|自由の夜明け|2016/2017 焙煎豆

ウシンギニ農園はムズズコーヒー生産者組合が2011年から始めた新しい農園。


ムズズコーヒー生産者組合が新たに始めたプロジェクト、ウシンギニ農園。農園は、タンザニアのムビンガ地区とマラウィ湖を一望できるヴィフィヤ高地のウシシャ村にある。農園の平均標高は1467メートル。組合はコーヒーショップと宿泊施設も合わせて運営している。

農園設立の目的は、コーヒー生産量の安定化、僻地における生活向上のための雇用の創出、そして農業教育。また、1920年代に栽培されていたコーヒー品種の保全地区の役割も果たしている。さらにエコツーリズムビジネスへの参入も検討中。

ウシンギニ農園の主軸事業はコーヒーだが、園芸、養殖、養蜂事業も行っている。コーヒー事業としては現在、110ヘクタールの広さだが、ゆくゆくは240ヘクタール(60万本)まで拡張する予定。栽培品種は、ゲイシャ、ニカ、カチモール、ムンドノーボの混合栽培だが、ゲイシャとニカを中心に栽培している。生産量としては、生豆換算で350トン(2017)が見込まれている。

農園のあるカバベイハイランズは、雨季と乾季が顕著に分かれている。10月末に雨が降り、開花が促される。収穫は5月から始まり、9月に終わる。収穫された完熟チェリーはエコパルパーで精製され、アフリカンベッドで14−21日かけて乾燥される。仕上がったコーヒーはバッチごとに管理され、厳しい品質検査を行ったのち輸出される。


生産国 マラウィ

地域 北部州カタベイハイランズ

生産者 ムズズコーヒー生産者組合(MZCPCU)

農園 ウシンギニ農園

規格 AAA/AA

木の品種 ゲイシャ、S アガロ、ニカ(カチモール)、ムンドノーボ
創業2011年

標高1467メートル

年間降水量1000-1200ミリ、シェードツリー

精製方法 フルウォッシュド

開花時期 11月−12月
収穫時期 5月−9月
船積時期 1月
 100g200g300g
豆のまま
挽く
グラム
豆の状態

グラム
豆の状態
 100g200g300g
豆のまま
挽く

豆・エリアから探す

infomation

ごあいさつ

店長:木村 徹

こんにちは! 三軒茶屋珈琲 red-clover店長の木村です。

私のコーヒーとの出逢いは20歳の頃。アメリカ西海岸を、北はバンクーバーから、南米のチリまで制覇したときです。そのとき初めてコーヒー豆は赤いんだと知りました。

それから約17年、ニカラグアのゴメスに出逢い、男同士の夢に向かって共に歩む……私たちの夢は「ニカラグアに学校を建てる」こと。そしてついに! ニカラグアに自分の農園を買いました!! 夢はまだまだこれからです!

皆さま、愛情いっぱいのコーヒーをどうぞよろしくお願いいたします。

実店舗
東京都世田谷区太子堂1-15-11
東急田園都市線 三軒茶屋駅南口から徒歩3分

お問い合わせ
03-5787-6164/080-3212-8025