タンザニア|ピーベリー|マウェンギ・ファクトリー|2017/2018 生豆

1997年に30名の生産者で結成されたマウェンギコーヒーグループ。ピーベリーを入荷!


マウェンギコーヒーグループは、セミウォッシュドコーヒーを作るために1997年に結成。2017/2018クロップから、より付加価値の高いフルウォッシュドに精製方法を切り替えています。

さらにオーガニックコーヒーを栽培をスタートし始めました。グループ長は、クリストファー・ハウレといい、彼の手腕が今後のグループの行方を左右するのです。このグループが栽培している品種はブルボン系のN39とケント系のKP423です。


タンザニア本土にコーヒーが伝わったのは1863年。レユニオン島に進出していたフランス・カトリック聖霊会派の神父らによってブルボン種が持ち込まれました。

日本でモカやブルーマウンテンとならぶ人気銘柄のひとつとなっているキリマンジャロに伝わったのは1898年。1920年代にはケント種が伝えられました。

タンザニア経済は農業に立脚しており、労働人口の約70%が農業に従事しています。コーヒー生産農家45万世帯あり、生産量全体の90%を占めるほど、小規模農家が多い。また何らかの形でコーヒー産業に関わっている人たちが約240万人おり、全人口の6%です。

キリマンジャロコーヒーは上質のコーヒーとして世界中で愛好される主要輸出品であり、貴重な外貨獲得源となっています。



品名 マウェンギ・ファクトリー PB

生産国 タンザニア

地域 ンジョンベ州ルデワ地区

生産者 マウェンギコーヒーグループ


規格 PB

欠点規格 最低95%ピーベリー、フローター5%

スクリーン スクリーン14

木の品種 ブルボン(N39) 90%、ケント(KP423) 10%

標高1850−2050メートル、

年間降雨量1300−1800ミリ、年間気温18−25度

精製方法 フルウォッシュド

開花時期 9月−10月

収穫時期 6月−8月

船積時期 12月
500g1kg2kg
重量

重量
500g1kg2kg

豆・エリアから探す

infomation

ごあいさつ

店長:木村 徹

こんにちは! 三軒茶屋珈琲 red-clover店長の木村です。

私のコーヒーとの出逢いは20歳の頃。アメリカ西海岸を、北はバンクーバーから、南米のチリまで制覇したときです。そのとき初めてコーヒー豆は赤いんだと知りました。

それから約17年、ニカラグアのゴメスに出逢い、男同士の夢に向かって共に歩む……私たちの夢は「ニカラグアに学校を建てる」こと。そしてついに! ニカラグアに自分の農園を買いました!! 夢はまだまだこれからです!

皆さま、愛情いっぱいのコーヒーをどうぞよろしくお願いいたします。

実店舗
東京都世田谷区太子堂1-15-11
東急田園都市線 三軒茶屋駅南口から徒歩3分

お問い合わせ
03-5787-6164/080-3212-8025