カメルーン オー・バムーン ジャバロングベリー ”ダン・ドゥ・リオン” 生豆 2015/2016

日本初上陸!オー・バムーンのジャバロングベリー。1950年代に移住したフランス人が開拓したプランテーションが点在しているフンボ地区の豆です。


HAUT BAMOUN は、オーバムーンと発音します。難しいですねえ、フランス語は。

オー・バムーン農園は、1950年代に移住したフランス人が開拓したフンボ地区にあります。当時のプランテーションが現在も点在しています。チェリーは、ウェストヒルズコーヒー社が雇用しているピッカーが収穫します。


2010年に新設されたクオタモ水洗工場は農園の近くにあり、収穫されたチェリーは30分以内に持ち込まれ、同日に果肉除去されます。果肉除去機は、ピニャレンセ社製のエコパルパーを使用しています。果肉除去後、ソーキングタンクで12時間水に浸して完全にクリーンなパチーメントに仕上げます。ウェットパーチメントはアフリカンベッドに広げられ、初日はシェードの下で日陰干しします。その後、7~10日間かけて乾燥させます。


脱殻は、フンボにあるカプラノウンのドライミルにある1980年代に政府が設置したビューラー社製の機械を使用しています。生豆は女性たちによって手選別されます。
 


カメルーンはロブスタ生産国というイメージがありますが、西部州・北西部州は火山地帯で標高も高く、火山灰土壌と豊富な水資源を有することから、アラビカ種の栽培に多いなる可能性を秘めています。コーヒー生産量のうち80%がロブスタ種、20%がアラビカ種です。



カメルーンにコーヒーが伝わったのは、ドイツの植民地となった1884年以降で、1905年と言われています。しかし本格的にコーヒー栽培が始めら れたのはフランス領カメルーンになった1928年からになります。1930年代には小さな生産者組合が組成され、1950年代には北西部州にNWCAが、 1958年には西部州にUCCAOが組織され、コーヒー産業の成長が始まりました。



1985年のピーク時には230万袋を超える生産量を誇っていましたが、世界銀行の構造調整政策により、1990年代にコーヒー産業を自由化される と、多くの農民がコーヒー栽培を放棄し、キャッサバやバナナなどの食糧栽培へと切り替えてしまったため、コーヒー生産量は10分の1に激減してしまいま す。追い打ちをかけるようにコーヒー価格の低迷が続いたため、カメルーンのコーヒー産業は崩壊してしまいました。



2008年、カメルーン政府はコーヒー産業の再生計画を発表し、世銀、国連、EUなどの支援を受け、再生に向けた取り組みを行っています。現在、政府が推奨している高地栽培に適し、病害虫に強い品種ジャバに植え替えられています。

これまで国内最大の生産者組合UCCAO傘下のCAPLAMIが唯一ウォッシングステーションを稼働し、品質の高いフルウォッシュドのアラビカコーヒーを生産していましたが、2012年からNWCAでもウォッシングステーションが稼働し、輸出を開始しはじめています。



アラビカ種の主な生産地は、西部州および北西部州の標高1,000〜2,400メートル地帯のバフサン、ブダ、フンバン、ドンガ・マトゥン、ボヨ、モモ、オク、サンタなどです。



ア ラビカ種の主な輸出先は、ドイツ(全体の70%強)、米国、イタリア、ベルギー。スイスのシュルター社がコーヒー買い付けのプレファイナンスや精製技術の 向上支援を行っていることから、UCCAOのコーヒーは同社を通して輸出されています。別の組合NWCAのコーヒーは直接取引が可能で、米国市場開拓に向 けた取り組みを強化している最中です。

◆SPEC

品名 オー・バムーン ジャバロングベリー

生産国 カメルーン

地域 西部州フンボ

生産者 オー・バムーン農園

規格 Type B

欠点規格 公式な規格はなく、一般的に30欠点/300gといわれている

スクリーン スクリーン17アップ

木の品種 ジャバ (ティピカロングベリー)

標高1100〜1200メートル

100%天日乾燥、火山性土壌、グレインプロ仕様

精製方法 フルウォッシュド
500g1kg2kg3kg4kg5kg
グラム

グラム
500g1kg2kg3kg4kg5kg

豆・エリアから探す

infomation

ごあいさつ

店長:木村 徹

こんにちは! 三軒茶屋珈琲 red-clover店長の木村です。

私のコーヒーとの出逢いは20歳の頃。アメリカ西海岸を、北はバンクーバーから、南米のチリまで制覇したときです。そのとき初めてコーヒー豆は赤いんだと知りました。

それから約17年、ニカラグアのゴメスに出逢い、男同士の夢に向かって共に歩む……私たちの夢は「ニカラグアに学校を建てる」こと。そしてついに! ニカラグアに自分の農園を買いました!! 夢はまだまだこれからです!

皆さま、愛情いっぱいのコーヒーをどうぞよろしくお願いいたします。

実店舗
東京都世田谷区太子堂1-15-11
東急田園都市線 三軒茶屋駅南口から徒歩3分

お問い合わせ
03-5787-6164/080-3212-8025